MENU

頭皮湿疹に効き目のある薬

 

頭皮に湿疹が起きているなんてことはありませんか?

 

湿疹がおきると赤く腫れたりフケやかゆみに悩まされているはずです。
そんなときに使える薬を紹介致します。

 

頭皮湿疹の薬に関しては薬局やドラッグストアでの販売がされています。
自宅の近くや職場の近くにあればすぐに購入できるので、一度使ってみるといいです。

 

有名な薬であればムヒHDと呼ばれる商品があります。
ムヒHDには抗炎症成分が含まれているので、炎症を起こしている頭皮をしずめる役割をしてくれます。

 

また、かゆみを抑える成分が配合されているので頭をかくことを抑えてくれます。

 

ムヒHDの定価は税込みで約1300円となります。
大抵の薬局などでは販売がされていて、定価より多少安く販売されていることも多いので、1000円少々で試してみることができます。

 

頭皮の湿疹といえばシャンプー、美容液、病院を考える人が多いですが、まずは薬を試してみてはいかがでしょうか!?

 

 

薬を塗っても頭皮のケアは必要

 

薬をつけているからといって湿疹が必ず治る訳ではありません。
抗炎成分によって頭皮の炎症を抑える働きがされたとしても、頭皮のケアがしっかりとできていないのであれば症状が良くならないどころか悪くなる可能性も考えられます。

 

炎症を抑える効果がでてきるにもかかわらず、悪化させる要因が大きければどんどん湿疹が酷くなる一方となるのですね。
そのため、炎症して頭皮が湿疹しないためのケアが必用となってきます。

 

ケアの方法としてはまずは、洗浄力の強いシャンプーを使わないことです。
洗浄力の高いのを使ってしまうとバリア機能と呼ばれる皮膚の働きを弱めてしまうため、炎症がおきやすくなってしまいます。

 

シャンプーは洗浄中にヒリヒリしたり、戦場後にカサカサにならないのを選ぶようにします。

 

また、その上で化粧水を塗ることによって保湿してバリア機能を高め雑菌の影響がうけないようにします。
その上で抗炎作用の入った化粧水であれば、いますでにおきている炎症にも効果があるので、良いです。

 

頭皮の湿疹を治すのであれば、薬と化粧水ですでに起きている炎症をしずめ、なおかつ保湿することで炎症がしない地肌を作り出します。

 

予防と対策を行うことによって、症状が悪化するのを防ぎ炎症を抑えるので湿疹に悩まされない頭を作ることができるのです。
どちらもかかせないのですね。

 

頭皮の湿疹を抑えるためには薬、シャンプー、化粧水の3つが必用となります。

 

顔用の化粧水ではなく、頭皮用の化粧水が販売されているので、間違えないように注意しましょう。