MENU

頭皮湿疹の人はどんなシャンプーを使うといいの?

 

頭皮湿疹が起きた際のシャンプーの選び方をご紹介致します。
結論からいうと、洗髪後にカサカサしたりヒリヒリしないものを選ぶのが大切となります。

 

それでは選ぶ方を詳しくご紹介していきますがまずは原因を知る必用があります。

 

頭皮に湿疹が起きる原因で一番多いのが脂漏性皮膚炎です。
この脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌量が多いことにより、頭皮が炎症を起こし湿疹が発祥するの原因となるのです。

 

特徴としては赤くなっているのをはじめ、フケが多かったり頭がべたついたりすることが多いです。。
そして、かゆみをともないます。

 

では、どんなシャンプーを使って洗髪をし、皮脂を落としていくといいのでしょうか?
ポイントとしては2点あります。

 

  1. 皮脂を落とす洗浄力が強すぎないもの
  2. 刺激の弱いもの

 

以上の2つのことからシャンプーを選らんでいくといいです。

 

 

洗浄力が強すぎないシャンプー


 

洗浄力が強すぎないシャンプーを使う理由としては2つあります。
皮脂の過剰分泌を防ぐ点とバリア機能を低下させないことです。

 

皮脂を完全に洗い落としてしまうと体は失った油を取り戻すために過剰に皮脂を分泌するようになります。
そのため、湿疹を起こす原因となります。

 

また、保湿成分の層である角質まで洗い流してしまうことによって、バリア機能を低下させ雑菌や紫外線から頭を守ることができなくなるとともに乾燥をしてしまいます。

 

結果、炎症を起こしフケやかゆみ、湿疹などの症状がおきやすくなってしまうのです。

 

洗浄力の強いシャンプーを使っている人の特徴としては髪がギシギシになりやすいです。

 

 

 

刺激の弱いもの


 

湿疹を起こしているってことは頭皮が荒れてしまい炎症をおこしています。
そのため、刺激を与えるのは決してよくありません。

 

できるだけ添加物のような肌への刺激の強いものが含まれていないのを利用すると良いです。
アルコールや合成香料などが含まれていない無添加のものを使うようにしましょう。

 

刺激の強いシャンプーの特徴としては洗髪をしていてヒリヒリすることがあります。
ヒリヒリしたりするのであればシャンプーを変えるようにしましょう。

 

 

大事なのはシャンプーより美容液

 

頭皮の湿疹が起きる原因としては乾燥しているのと雑菌が繁殖しているのがあげられます。
そのため、保湿をしっかりする必用があります。

 

シャンプーにも美容成分は含まれているのですが、洗い流してしまうことによって美容成分も一緒に流れてしまいます。
そのため、保湿成分が含まれていても頭皮まで浸透をほとんどしないのですね。

 

美容液であれば洗髪後のきれいな頭につけることによって、水で洗い流したりすることはないので、じっくりと美容成分が浸透をしていきます。
ヒアルロン酸やコラーゲンの含まれている美容液で保湿することによって、バリア機能を高め雑菌などの影響を受けないきれいな皮膚を作ることができるのですね。

 

シャンプーはあくまで皮脂や汚れを落とすためのものとなるので、頭皮のケアを行うのが大事となるのです。